会社案内

  1. Home
  2. 会社案内
  3. 運輸安全マネジメントに関する取組み

運輸安全マネジメントに関する取組み

(2019年7月1日更新)

弊社では、“最も優先されるのは「お客様の安全」である”という西鉄グループ共通認識のもと、輸送の安全確保の重要性を深く認識し、全社員一丸となって輸送の安全性の向上に取り組んでおります。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

「西鉄グループ 安全に関する基本方針」

私たちは、西鉄グループ企業理念において「安全の確保」を第一の使命としています。
私たち一人ひとりが、自らの責任と役割を自覚し、お客様からの信頼に応え、社会的責務を果たしてまいります。

  1. 安全を何より最優先する組織・風土の構築
  2. 安全マネジメント体制の確立と継続的改善
  3. 安全を支える従業員の能力向上と健康の確保
  4. お客様の安全を第一に考えた商品・サービスの提供
  5. お客様との安全に関するコミュニケーションの推進
  6. 基本方針に基づく施策の確実な実施と法令の遵守

以上の方針に基づき、「安全の確保」に向けた不断の努力を重ねてまいります。

2.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

  1. 2018年度の目標及び達成状況
    【目標】有責運転事故件数の削減
    ①重大事故 ゼロ
    ②有責運転事故 10件以下
    【達成状況】
    ①目標を達成しました。
    ②目標を達成できませんでした。(対前年+7件)
  2. 2019年度の目標
    【目標】有責運転事故件数の削減
    ①重大事故 ゼロ
    ②有責運転事故 11件以下

3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

該当する事故はありませんでした。

4.輸送の安全のために講じた措置および講じようとする措置

2018年度は、以下の重点施策を設定し、様々な取組みを行いました。

  1. 乗務員研修
    プロドライバーとして必要な技能・知識・運転マナーを学ぶ乗務員研修を実施しました。また、新たに新人乗務員フォローアップ研修を導入しました。新人32名、一般21名、マスター3名、フォロー30名、計86名受講
  2. ヒヤリ・ハット情報の共有
    年間566件のヒヤリ・ハットを基に、班別ミーティング時に情報共有を行い事故防止活動を行いました。
  3. ドラレコ・デジタコデータの活用
    定期的にドラレコを確認し、個人指導を実施しました。
    また、12月には前年度の事故惹起者及びデジタコ指導書の多い乗務員を指名し、集中的な乗務員教育を行いました。
  4. 安全の基本に帰る日の活動継続
    毎月18日の「安全の基本に帰る日」に、本社及び事業部管理職が現場へ出向き、点呼立会時に乗務員へ安全声掛けを行い、安全意識の徹底に努めました。
  5. 飲酒運転撲滅活動の継続
    毎日、全職場において「飲酒運転3ないの誓い(しない、させない、見逃さない)」を唱和し、飲酒運転撲滅の意識継続を図りました。

2019年度の重点施策として以下の項目を設定し、事故防止に努めてまいります。

  1. 運輸安全マネジメントを正しく運用します。
  2. ヒヤリ・ハット事例を水平展開します。
  3. 乗務員研修、フォークリフト研修を実施します。
  4. ドラレコ・デジタコを活用した乗務員指導を実施します。

5.輸送の安全に係る情報の伝達体制(組織)

別紙「組織体制及び指揮命令系統」参照

6.輸送の安全に関する教育・研修の実施状況

  1. 乗務員への教育
    プロドライバーとしての自覚を持たせるため、必要な技能・知識・運転マナーを学ぶ乗務員研修を年間活動計画に基づき専門機関において実施しています。
    新人乗務員に対しては、西鉄グループの一員としての自覚を持たせるとともに、自身の技能・知識レベルを自覚させるための教育を行っています。
    事故惹起者に対しては、惹起させた事故の振り返りによる再発防止の実体験を行っています。
  2. 管理者への教育
    統括支店長、支店長、センター長、営業所長が参加する全体安全推進会議を四半期毎に開催し、安全マネジメント報告を行い、グループ討議等を通じ、安全の確保を最優先させるための意識の徹底を図っています。

※その他運行管理者研修会等、安全に関する様々な研修を適宜実施しています。

7.輸送の安全に関する内部監査の結果及びそれを踏まえた措置

運輸安全マネジメントの実施状況を確認するため、本社管理職が現場に出向いて帳票類のチェック、店所長へのヒアリングを実施しました。
指摘された不適合はありませんでした。

8.安全統括管理者

専務取締役 原田 和則

9.安全管理規程